鬼教官・ボス猿の長距離ライドの心構え コルナゴマスター恭輔編 

photo

本日の気温35℃
京都への旅が近づいた コルナゴマスター・恭輔氏がやって来た。

コルナゴ納車後、
実際に横浜までライドに出掛けた恭輔氏です。
感想を聞き取り調査しながらギアの調整をしております。

軽くする方法、ギアの適切な使い方を
「あーだ、こーだ」と言いながら説明。

インナーとローのギアの使い方を指導中〜

photo
photo
photo

恭輔氏「はい、確かに段差でタイヤが溝にはまると危ないですね。
転びそうになりました。
それ以降、確実に直角に入るようにしています。」

しかも暑さを経験してから、京都に入らないと…本当に京都は暑いですよ。
スマホで確認しながら道を行くのはストレスになります。
徹底的に頭に道を叩き込んでおきましょう!
きちんと路面を見ながら走らなくては危険ですからね。」

photo

東西南北の感覚を身体で覚えておく。
太陽の影がこちらとか、夕日に向かって走ると自分の影がどちら側になるかとか?
よーく考えながら走る。予定通りには計画が進まない事もあります。
計画は変更も受け入れないと事故に繋がります。

朝は五時に出るように、なるべく早めに行動開始して下さいね。
ご飯を食べるところはどうしようとか…いろいろ悩んで時間を使いますよ。」

観光ではなく100kmを走るライドを何度か経験しておけば、
その先に何かが見えてくると思います。」

photo

着々と…

photo

京都への旅支度が整いつつある恭輔氏です。
では、また〜!